ブログ

A4M国際学会

アンチエイジング医学の最新情報満載 A4M国際学会日本学会

所沢美肌再生サロン ローズ ド サリー

ビューティエイジングデザイナー関谷です

A4M国際学会に参加したことは先日お伝えしましたが、こちらの学会に参加。

 

正しいアンチエイジング情報を得る難しさ

 

現在美容情報は巷に溢れていて、その中にはいい加減な情報もたくさん。

その情報の解釈の仕方使い方ではかえって老化、劣化を招くこともガーン

正しい情報を得ることがエイジングケアの第一歩

それには自分の知識のベースを最新に更新しておくこと、そしてネットではなく顔が見えそして

エビデンスのある情報は信頼できますよねウインク

私は医療関係者ではないので、得た知識をそのまま施術に取り入れることは出来ませんが、最新のアンチエイジング情報、多くの症例、先生方の講演を聞くことで知識の引き出しを増やし、巷に溢れている玉石混交のアンチエイジング情報の中から良質な情報を掴むためのベースにしたいと思います。

A4M国際学会とは?

A4M(American Academy of Anti-Aging Medicine)は、1991年にRonald Klatz と Robert Goldman の二人の医師によって設立された米国抗老化医学会です。
現在世界最大級のアンチエイジング医学会として、120か国以上の国々の医師、科学者、公的機関職員、一般市民などを含む26000名に及ぶ会員を擁しています。

今回聞いた講演

1日目
演者 アンドリュー・ヘイマン氏
Diet and  Anti-Aging, Gut Stress And Brain Connection
「ダイエット、アンチエイジングにおける腸、ストレス、脳との関係」
脳がストレスを過剰に受けないことが私たちが長寿で生き生きした生活を送る上で如何に大切か再認識できました。
ストレスフルな生活が続くと脳が炎症状態になるとのこと。それが長く続くと腸やそのほか様々な体調に影響を及ぼすこと。睡眠は脳の組織の回復をさせるので、睡眠をとることが大切。
また頭を強くぶつけることも脳にとっては良くないことなので、若い頃にアメフトなどの
スポーツは危険とも言っていました。
脳挫傷を起こしたことのある人は、高齢になってアルツハイマーなどの脳障害を引き起こす可能性が高くなるともあせる
私は気になることがあると眠れなくなるタイプ。慢性睡眠不足状態なので気を付けます。
#グルタチオン投与 #マグネシウム #クルクミン #EPA  #DHA #Lテアニン #ギンコウ
パメラW スミスさん
What You  Must Know About Women’s Hormones
演者 パメラ W  S.スミスさん
「女性のアンチエイジングとバイオアイデンティカルホルモンリプレイスメントセラピー」
ホルモンは個人特有のものであり、人それぞれ差が出るもの。
閉経年齢も世界レベルでみると、35歳から55歳と幅広いそうで、これにはびっくりですね。
でも35歳の閉経も異常ではないとのこと。
エストロゲンが不足することで色々な症状が出て来ますが、不眠、脱毛、肌の乾燥、体重増加、加えて細かい手の動きが出来にくくなる。
逆にエストロゲンを補充することで、毛細血管が拡張、改善、お肌のコラーゲン量が増え、LDLを下げてくれる効果もあり白内障や認知症の予防など嬉しいことがたくさんあります。
ホルモンが減ることで起こる身体の様々な不調は正しい補充療法で解決できることがたくさんありますね
エストロゲンは天然由来のものを選ぶこと大切。
またプロゲストロン(黄体ホルモン))と組み合わせることでガンのリスクが下がります。
#利尿剤は肌老化を招く #天然エストロゲン #エストラジオール #EPA  #DHA #Lテアニン #ギンコウ
柳澤厚生氏
オーソモレキュラー医学のUp to Date
演者 柳沢康生氏(オーソモレキュラー医学会 代表理事)
「高濃度ビタミンC点滴におけるがんとアンチエイジングへの応用」
オーソモレキュラー医学とはビタミン、ミネラル、アミノ酸、脂肪酸など体内で自然に存在する
栄養素を分子レベルで適切に投与することで病気の予防や治療をしようとする栄養医学。
1950年以来オーソレモキュラー医学は,ガン 精神神経疾患、アレルギー疾患、慢性炎症性様々な疾病に対する食事療法、サプリメント療法、点滴療法として発展してきました。
特徴的なのは疾病によってビタミンCやビタミンB群の1日推奨量の10倍から100倍を投与するメガビタミン療法。
薬ではなくて栄養素で病気や不快な症状を改善できることがとても興味を惹かれます。
子宮頚がんワクチンを注射した女性が6か月後から不快な症状が出て色々な治療をした中で
オーソモレキュラーによるビタミンC投与が一番改善効果が高かった症例あり。
ビタミンCは放射線によるガンリスクを抑えるのに効果があり、またエイジングケアとしてにもよい。
実際、3.11の救援活動に携わった自衛隊はビタミンCを摂っていて、摂っていないグループより体内の放射線量が少なかったとのデータも。
とにかくビタミンCの大量投与が身体に対して抗酸化作用はじめとする様々な効果があるというのは驚きである。
まずはビタミンCを普段から摂取することは、身体に非常に良く薬のように副作用もないというのだから、飲まない理由が見つからないと思った。
#アルファリポ酸は放射線を解毒 #ライナスポーリング #幹細胞療法 #ファスティング 
健康長寿医学としてのテストステロン補充療法の臨床有用性について
ー攻めの健康長寿医学=最強の体調改善&超体内革命ー
演者 熊本悦明氏
熊本悦明先生 何歳にみえますか?89歳だそうです
赤い服は元気になれるそうですよ~
中高年男女に対し軽老化効果を示す
「男女両性における健康長寿医学としてのテストステロン補充療法のすゝめ」
1時間に渡る講演を座ることなくご登壇されました。声にハリがありそして背中もスッキリ伸びてらっしゃいました。 どんなに素晴らしい理論やメソッドを発表されていても、その人自身がハツラツとしていなかったら、なんか信用できない(論より証拠?)と思うので、熊本先生のこのお話は非常に説得力がありました。
お話も色々エピソードやホルモンに関して面白い話が飛び出し、一々納得させられたあっという間の時間でした。 熊本先生はたくさん本を執筆されてますので、ご興味のある方は是非読んでみてください
#50歳過ぎたら男性の方が女性ホルモンの量が多い?!
#女性は男性の二分の1~四分の1程テストステロン(男性ホルモン)をもっている
#女性医学は更年期までで、専門的な高齢婦人医学が今はない etc.
2日目
成長ホルモン・甲状腺ホルモンの臨床
演者 オルソクリニック銀座院長 藤森徹也先生
性ホルモンに比べると、疾患としての印象が強い甲状腺ホルモン。若返りホルモンとして、
でも補充するとなると目が飛び出るほどの高額なホルモンという印象を勝手に持っていた。
そして講演を聞いてからもっと詳しく甲状腺ホルモンや成長ホルモンについて、
また成長ホルモンの補充によって10年から20年の健康指標の改善、若返り効果があったという論文が発表されアンチエイジングに成長ホルモンの補充療法が治療として大きく進展したこと。
けれどもその後アンチエイジング目的での成長ホルモン補充療法にアメリカ医師会が否定的な立場をとったという経緯に対し、その理由も調べてみようと思います
年齢を重ねても人生を生き生きと楽しむ為の予防医学

松山淳氏(国際先進統合医療学会 代表理事他)

日本のアンチエイジング医療の現在・過去・未来

松山先生が提唱する

アンチエイジングとは、病気にならない(病気を予測して病気にならないようにする積極的予防医学)、老けない(外見内面共に健康で若々しくある) 死なない(健康寿命を延ばす)を実践する集学的な医療分野である。

アンチエイジング医学は1997年に日本に総合ホルモン調整療法として導入され、その後、体内環境の適正化(遅延型エネルギー、有害ミネラル/必須ミネラル、デトックス、キレーションや栄養療法、酵素医学、そしてミトコンドリアの活性化などの代謝医学)、遺伝子診断、遺伝子治療、ホルモン補充療法からペプチド療法への動きなどの著しい変化を遂げてきた

その変遷の歴史とホルモン補充療法からペプチド療法までの流れ。

#ホルモン補充療法 #HGH #peptide #anti-aging  #予防医学 #DHEA #Melatonin

 

佐藤健司(京都大学農学研究科教授)

コラーゲン・エラスチン摂取後、血中に見いだされるペプチド機能について

~最新のトピックスを交えて~

ランチョンミーティングとして先生のお話を伺いましたが、お昼をいただきながら聞くのがもったい内容でした。どうしても食べる方に気がとられてしまうので。おまけの話ということで・・・コラーゲンと紅茶を一緒に飲むと吸収率が上がるそうです。でもこの話はまだそのエビデンスが分かっていないので

未発表だそうです。

 

飯塚 浩 MD
臨床CBDオイル研究会 代表

メディカルストレスケア飯塚クリニック

~日本国内におけるCBDオイルの臨床最前線~

これだけ多くの講演を聞いていると、偏りのないアンチエイジング情報や正しい情報がみえてきます。
元々オーソモレキュラー(分子整合医学)に興味があり、高濃度のビタミンCが身体にもたらす影響、その症例を実際実践している先生から多く聞けたことは貴重でした。
また熊本先生による性ホルモン補充療法についての話は、世間でホルモン補充に対してのガンなどのリスクを必要以上におそれ、踏み出せない人も多いはず。
でも単独ではなく組み合わせることまたその量も少なくスタートさせることで、リスクは大幅に回避でき、若返り健康維持に非常に有効であることアップ
とにかく一番驚いたのは熊本先生が本当に若々しいこと。先生を見る限りこのアンチエイジング療法は素晴らしく説得力がありました。
この他パメラ先生のホルモンについて数々のホルモンについての話及び症例などもとても面白かったです。
ちなみにエストロゲンは経皮吸収タイプが身体に負担がなくよいとのこと。
またガンのリスクも単独投与ではなく組み合わせることで、そのリスクはとても減るとのこと。
ホルモン補充療法は、やみくもに怖がらず、正しい知識をもって取り入れることで老化からくる様々な症状を減らすことが出来ると可能性をとても感じました。
他日本ではまだこれからという感じですが、CBDオイルが神経性の病気や不眠など様々な症状に、効果があるらしく、とても興味がわきます。
老化現象は身体の様々場所で起こりそれは身体の中のネットワークのようにつながっています。だから原因は一つじゃない。
逆に、年齢と共に足りなくなっていくものを少しずつ身体に補充してあげれば、年齢を重ねても人生を生き生きと楽める可能性がたくさんあるということも見えてきました。
究極のエイジングケアとは?そんなことを私なり考えてみました。
命は永遠ではないということをだれでも知っているはず。
究極のエイジングケアとは、自分でキレイに整頓した居心地の良い部屋、
季節の変化、風、緑、花を楽しみながらお散歩できる幸せ。
美味しいものを食べ、あー美味しいと思わず笑顔。
いつものようにお風呂に入りベッドに入りそして今日も1日ありがとうと感謝の言葉。
翌日眠るようにして息を引き取ること。
こんな幸せな死に方が出来るためには、健康でいることが大前提ラブラブ
だから私は自分の身体としっかり向き合っていきたいと思います
年齢を重ねてもいつまでも輝き続けるためには・・・

本日もブログお読みいただき有難うございましたラブラブ

♧結果重視ドクターピュアラボお取扱いサロン
♧40代からのマチュリナウイッグお取扱いサロン
♧~再生医療×最先端美容~MTメタトロン製品導入決定

営業時間 9時半から19時

休み:不定休 土曜日曜もやっております

HPからのご予約♤ホットペッパービューティからのご予約

 

雨の日でも安心 最寄り駅 小手指・新所沢から送迎サービスあり。

フェイシャルメニュー一覧 

◆アロマ環境協会認定アロマセラピスト
◆アロマ環境協会インストラクター
◆日本エステティック協会認定フェイシャルエステティシャン

ライン登録でサロンキャンペーン情報も

気軽にご登録くださいませキラキラ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 所沢情報へ
にほんブログ村←クリックして下さった方に感謝

関連記事

  1. ドクターオバジ
  2. パイラナイト
PAGE TOP